火傷の対処法

 

会員専用.com高岡です。

こう見えても(?)
意外と料理をする高岡でございます。

こう見えて、とか言うと
「え、じゃあどう見えてると思ってんの?」と
オーナーにツッコまれそうですが。
「私って○○な人だから~」という発言等にも
うるさいんです、あの方。

まあそんなことはいいです。

休みの日はほぼ料理しませんが
平日は寝坊さえしなければ
毎日お弁当を作っています。

冷凍食品が嫌いなので
面倒くさいんです。作るの。時間かかるし。

ということで毎日時間との勝負で
慌ただしく弁当作りをしております。
本日もいつも通り最後の出汁巻き卵を
作り終え、熱々のフライパンを片付けようとしたところで・・・

手が滑りましてね

落としはしなかったんですがね

滑ったフライパンが腕にすり寄ってきまして

じゅうっ・・・

っとね。

ああつうい!!!!!

と思ったものの、そこからまだ
お弁当箱に詰める、という作業が残っているわけですね。

テレビではミヤネ屋が始まろうとしてまして
私の時間もギリギリでした。

冷やしてる暇なんてねぇ。

元々料理中の油跳ねなどあんまり気にしないので
まあこれぐらいいいだろうと。

思っていたらですね。
甘かったですね。

ジリジリと痛み出しまして、
出勤してから見たら、あら。こんな色に。

意外としつこいジリジリ痛みだったので
保冷剤を当ててます。

保冷剤が解けるとまた痛み出します。
キンキンに冷やすといいんですね?

完全に面倒くさがりました。
店に何個も保冷剤があってよかったです。

 

オーナー曰く、Mをつけるといい、
という事でしたのでMを散々ぶっかけて
保冷剤当ててみました。

 

火傷にもいいのかM3.5

すごいですね。

皆様も火傷したら
すぐに冷やすことと、
M3.5をつけること

お忘れなく。

 

火傷してから早7時間経ちますが
まだ、痛いです。

早急な処置が大事です。

“火傷の対処法” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です