会員専用.com高岡です。

 

先日ブログとYouTube動画にて、こちらをご紹介致しました。

お尻ケアについて、です。

 

高岡、実はですね、このお尻ケア、8年続けております。

なぜ、このケアを始めたか。

今までブログでもYouTube動画でもお話ししておりますが、
幼少期からアトピーに悩まされてきました。

実際にお会いした方からは、「本当にアトピーなの?」と聞かれます。
これは、アトピーに悩んできた昔から、同じことを言われ続けております。
私のアトピーは顔や腕、足など外見ですぐ分かる箇所にアトピー症状が出ていないことが理由です。

なので美容に詳しい方から見ても「乾燥肌」なのはわかるけど「アトピーっぽくはない」と言われます。

 

ただ実際は昔からアトピー症状で悩んでおりました。

まず物心ついて最初に悩んだ箇所は、なんと、お尻。
小学1年生の頃だったと思います。
学校の椅子。
スカートなどを履いていると、直接椅子と皮膚が接することになり、汗を吸収する布がありません。
そのせいかはハッキリ分かりませんが、めちゃめちゃ痒くなるんです。
日中は我慢できますが、寝ている間にガサガサかく。
そしてまた一日汗をかいて、また夜痒くてかく。

掻きむしると、何が起こるかというと、、、、

そうです。血まるけになります。

お尻血まるけ(笑)
なんか笑えますね。

ただ当時は本当につらくて、痒いし、寝ている間はかく事を制限できません。
なので朝起きるとパンツが血まみれに。
血だけでなく、体が傷を保護しようと分泌された汁(滲出液)が乾いてパンツと皮膚をくっつけちゃうんですよね。そして脱ぐときに「ベリッ」と剥がれてまた血が出る。
そんなことが毎日続いてました。

お尻全体が炎症しているので、座ることも痛くなるし、トイレに行くと沁みるんですよね。
痛いんですよね。
毎日トイレに行くたびに泣きそうになってました。

 

そんなことが続いて、どこからか
「シソの葉がアトピー症状に効く」と聞きつけた両親がですね、庭にシソの葉を育て初めまして。

そして育ったシソの葉を擦って、それをお尻に塗る、ということを毎日されておりました。
敢えて、「されていた」と書きました。

 

だって、想像してみてください。
血まみれの炎症起こしているお尻に、擦ったシソの葉を塗るんです。
痛いに決まってるじゃないですか?

毎日泣きながら塗られていました。
で、その上からラップをされて、寝るんです。

 

さぁ、どうなったと思いますか?

良くなったと思いますか?

 

良くなるわけない。

 

ただただ毎晩痛い思いをして泣く、という経験をしました。

 

今となっては笑い話ですが、
当時は本当に嫌でした。

 

で、話が長くなりましたが、
そのような感じでお尻の炎症が長い期間続きました。
1年ぐらいは続いたんじゃないかと思います。

そして、炎症が治まったお尻はどうなったでしょうか?

 

そうです。
炎症はもちろん、掻きむしり、ステロイドや、シソの葉、その他の薬などを使用してきたお尻は傷跡が残りました。
それも摩擦や薬で黒く黒ずんでいたり、とてもきれい、とは言えない状態でした。

そこからですね。

まずはプールの授業が嫌いなりました。
なぜなら、水着から出るお尻と太ももの境目に跡が残っていて人に見えるから、です。
小学二年生から高校卒業まで、「塩素が無理なんで」という理由でプールの授業を見学しておりました。

アトピーなので塩素があまり良くないのは事実ですが、それよりもお尻が見えるのを避けたかったんです(笑)

学校行事など、みんなでお風呂に入らなければいけない時も、色々な理由をつけて、みんなが入った後に入らせてもらっていました。

 

中学生になれば生理です、で回避できたので楽でしたね。

大人になって、海水浴に行っても必ずスカート付きの水着又はズボンを履く。
そんなことを続けておりました。

 

そして当社に入社し、ピーダツーに出会いました。
カカトに使用している時、思ったんです。

 

これ、お尻に使ったらどうなるんだろう・・・

 

カカトと同じように、ポロポロと角質がとれました。
その当時、私は顔のニキビ跡をピーダやC-7、M3.6で解決したころだったので、
もしかして・・・と
週二~三回、お尻のピーリングを始めました。

▲ニキビの改善したよ~高岡の1年~

 

ただ、ニキビは1~2年の跡ですから、1年で跡形もなくなりましたが、
お尻は20年弱前の代物です。
そんな簡単にはいなくなってくれません。

 

これは忍耐強く信じて頑張るしかない、と日々保湿、週2回のピーリング&C-7、これを徹底してきました。

さすがに公表する場所ではないのでビフォーもアフターもありませんが、
やっと人並みにはなったかなと思います。

 

ただ今まで、この使い方は「高岡専用の使用方法」だと思い込んでおりまして。
なので皆さんにご紹介するまでとても時間がかかってしまいました。

ですが先日YouTube動画やブログでご紹介したところ、

沢山のご注文を頂いております。

 

アトピー跡に悩んでいた私だけじゃなく、様々な方に役立つ方法だったこと、とても驚いておりますし、嬉しく思っています。

 

前述したように、人(特に面識のある方)とお風呂に入るなどしてこなかった私は、普通の人がどんなお尻をしているのかあまり知らないのですが、
普通に過ごしているだけでも、摩擦は起こりますし、下着のゴム跡が残りやすい箇所ではあります。

なのでお尻ケアを探している方が思ったより多いのかな、というのが今回の印象でした。

 

お尻ケアについて詳しく知りたい方は、

コチラの動画または、

コチラの記事をご覧ください。

 

この記事を読んでいただいた人のお尻が、つるっつるになれば高岡、めっちゃ嬉しいです。

 

 

アーティクルサロン店頭(〒483-8271 愛知県江南市古知野町桃源12)または、
電話注文:0587-53-6233
メール注文:info@kaiinsenyou.com
LINE注文:LINE ID→@095piaxz
オンラインショップ:https://kaiinsenyou.com/
お支払方法:代金引換(現金・クレジットカード・電子マネー)、paypal(銀行口座、ネット上クレジットカード決済)

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です