銭湯で戦闘

会員専用.com高岡です。

 

いきなり高岡の話なんですが、
昔からすこし潔癖なところがございまして。

自分的に『潔癖』が全てにおいて『綺麗好き』とはイコールにならないと思うのですが、

現に高岡は、わりと部屋の中に荷物が散乱しがちです。
よく部屋の片づけをします。
その都度片付けることが出来ません。

が、なんかこだわりみたいなのがあって、これだけは無理!っていうものが普通の人より少し多い気がします。

その中でも高岡が無理なのが、

銭湯

 

温泉は好きです。
でも出来るだけ、客室に風呂が付いてる温泉がいいですね。

 

別に銭湯が好きな人や、銭湯に対して何も思わない人のことはどうも思いません。もちろん。ただ自分がいけないだけです。

 

見ず知らずの他人と、ただのお湯に浸かる

 

これが無理ですね。

あとは

脱衣場の床

これは温泉でもそうですが、出来るだけ床に接する足の面積を減らそうと変な歩き方になってしまいますね。

 

といいますのも、先日ね、スポーツした後に銭湯に行こうかという話になったんですね。

高岡は『あー、銭湯むり』と断ったんですが、
相手は確実に『え?なんで?』って顔をしておりましてね。

こういう時、『潔癖だから銭湯むり』という断り方をしてしまうと、『銭湯に入るのが汚い』・『銭湯に入れる人が汚い』みたいな言い方にも取れるじゃないですか?

でもそうではなくて、高岡的に『嫌』というだけなので。

どういう断り方が正しいんでしょうかね。

 

まぁ、やんわり断ればいいじゃね?と当時の私も思ったので『苦手でー・・・』みたいな適当なことを言ったんですが、

あとあと思ったんです。

微妙な断り方をすると

 

『もしかしてコイツ、背中に入れ墨でもあるんじゃ・・?』

みたいに思われてたりして。と。(笑)

さらに『温泉は好きだけどー、客室露天が好きだからー』なんて言ったらモロそうじゃないですか(笑)

 

言葉って難しい。

 

 

さて、高岡の話が長くなりましたが、

思い付きで銭湯に行けない理由は、もう一つあります。

それは、

備え付けのシャンプー・ボディーソープが使えない問題です。

 

いやいや、普段使っているものにこだわりがあるからって、そこまでしなくても・・・と思うでしょう?!

高岡、本当に肌が弱いんです。

アルマダスタイルの商品に出会うまで、顔ボロボロ・肌ボロボロ。髪ボロボロ。

今はもう当時使っていたものは一切使用しておりませんが、一度でも使用するのが怖いですね。

 

もちろん、カバンに小分けシャンプーとか持つほど女子力高くないので持ってないですし、『思い付き銭湯』に備えるとなったら

・シャンプー
・石鹸
・化粧水
・保湿

それだけでカバンがパンパンっす。

無理っす。

 

さらにアルマダスタイルの商品はお肌に優しいことから、すべての商品において鮮度が重要です。
生魚と一緒ですよ。いいものでも時間を置き過ぎたら意味ないです。

だからなかなかカバンに、それらを装備しておくのって難しいんですよね。

 

 

そこで高岡がひらめいたのが、、、

 

Sシャンプーと、いつかの石けんのサンプル

 

もちろん、サンプルのパウチって劣化が早いので早めに使って頂くことが大事なんですが、固形の石鹸はそこまで急を有しません。

Sシャンプーはまぁ、本当は早く使った方が良いですけどね・・・

でもこの2つを持っていれば、なんとか乗り切れそう?!と高岡は思いましてね。
いま店頭や通販のお荷物の中に、これらのサンプル同梱しておりますので、是非、みなさん、そういう事態にもお使いください。

 

※顔に使う液体サンプルは早めに使ってくださいね!ガンバレワタシ・ウモール・C-7・いつかのクレンジングなど。

あとはミニボトルでM3.5は持ち歩こうかなと思いました。
面倒くさがりなんで、すぐ忘れてしまうんですよね。(白目)

 

ということで、Sシャンプーと、いつかの石けんのサンプルをカバンに入れとこうと思います。

 

 

 

ま、それでも銭湯は行かないですけどね。

 

 

 

アーティクルサロン店頭(〒483-8271 愛知県江南市古知野町桃源12)または、
電話注文:0587-53-6233
メール注文:info@kaiinsenyou.com
LINE注文:LINE ID→@095piaxz
オンラインショップ:https://kaiinsenyou.com/
お支払方法:代金引換(現金・クレジットカード・電子マネー)、paypal(銀行口座、ネット上クレジットカード決済)

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です