ハイヒールのメリット・デメリット

 

会員専用.com高岡です。

こんばんは。
突然ですが、私10年ほど前からハイヒールを普段から履いておりまして。

アーティクルサロンでも「すごいヒールですね」と言われることが多々あります。
それもそのはず、私は13㎝未満のヒールは履きません。

こんな感じのやつです。

13~15㎝がベストなヒール高さです。

 

でですね、
5~6年前までは結構このぐらいのヒール高い靴が売られていました。
なのであまり困ることはありませんでした。
その中でも、お気に入りの2ブランドがありまして、どれだけ歩いても足が痛くならないという最高の靴でした。

よくヒールでブランドもの、となると頭に浮かぶのがルブタンですね。

これです。

これ、可愛いしめっちゃ足が綺麗に見える、という事で人気なのですが、

めっちゃ足痛い。

 

ちょっと出かけるだけでも全然履いていられない。

 

靴で大事なのは、

履き心地
見た目

だとおもうんです。

どれだけ見た目が良くても、履き心地が最悪な靴は履きたくないですよね。
寒くても、熱くても、ある程度は我慢できますが、足が痛いのって我慢の限度がありますよね。

 

ということで、高岡は色々な靴を試した結果、2つのお気に入りブランドを買い続けておりました。
が、最近はハイヒールが流行らないのか、どんどん売られるハイヒールの種類が減ってきました。

今では、13㎝以上のヒールが新作に1種類あればいい方。

なので高岡は、ハイヒールのすり減った踵部分を取り替えたり、底のソールを全張替えしたりして履き続けております。

 

これが現在の高岡のシューズクロークです。

 

ここにある靴のほとんどが、修理を繰り返して延命させているヒールたちです。

 

で、早10年履き続けてきたハイヒールですが、
ここでハイヒールを履くメリットデメリットをご紹介したいと思います。

 

メリット①
姿勢がよくなる・背筋が伸びる

メリット②
インナーマッスル(体幹)が鍛えられる

メリット③
スタイルがよく見える

デメリット①
骨盤が歪む・反り腰などが起こる

デメリット②
外反母趾になりやすい

デメリット③
靴ズレ・魚の目・厚い角質が出来やすい

 

以上です。
ちなみに高岡は、年々外反母趾が酷くなってきております。

外反母趾、ご存知でしょうか?

このような形態に足がなってしまうものです。
ここまで酷くはないですが、年々親指の付け根が曲がってきております(笑)

ちなみに、反り腰・厚い角質も、とても自覚がある症状でございます。

厚い角質は定期的に、こちらでケアしています。

足ケアについてはコチラをご覧ください☺

で、ですね、

色々な弊害があるなぁ、と私もしみじみ思っております。
でも、多分当分はヒール履くこと辞めないかなぁと思います。

なぜか。

何故だと思いますか?

高岡、女子力が高いからだと思いますか?

 

違います。

 

実は高岡、

 

 

めっちゃ短足。

 

 

理由は、ただこれだけです。

高岡がヒールのを脱ぐのはダンスの時だけでございます。

 

高岡の短足は遺伝です。

 

短足という事実を受け入れ、ハイヒールをやめれる日が来るのでしょうか。
まだ、あと数年は来ない気がします。

 

最後に、

ハイヒールが好きなのかどうか、先日友人に問われました。

私は即座に応えました。

 

「嫌いではない。けど足が長かったらヒールなんて履かない」

 

ハイヒールを履いている方は、
デメリットについてお気をつけて下さい。

 

 

アーティクルサロン店頭(〒483-8271 愛知県江南市古知野町桃源12)または、
電話注文:0587-53-6233
メール注文:info@kaiinsenyou.com
LINE注文:LINE ID→@095piaxz
オンラインショップ:https://kaiinsenyou.com/
お支払方法:代金引換(現金・クレジットカード・電子マネー)、paypal(銀行口座、ネット上クレジットカード決済)

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です