肌採用された高岡が改善するまで

 

会員専用.com高岡です。

さて、先日お話しした「肌採用された高岡の8年目の告白」、お読みいただけましたでしょうか?

まだ読んでいない方は、是非そちらから読んでいただく事をお勧めします。

 

さて、前回は肌荒れに悩んで10年も皮膚科通いをしていた高岡が「やめたもの」を紹介致しました。

ここからここまで、改善したわけなんですが、気になるのは

「じゃぁ、何使ってたの?」

というところだと思います。

 

なので、今回は「やめたもの」の代わりに「何を使ったのか」をご紹介します。

1年で肌荒れが改善した高岡が使ったもの

 

1、洗顔

 

まずは洗顔です。

高岡が以前使っていたもの…

それはプロアク〇ティブや、ア〇クネスというニキビ用の洗顔料でした。
どちらも「ニキビ用!」と人気の商品ですが、
実は脂分を取り過ぎてしまうんですよね。

高岡の場合、テカりやすい体質でしたが、それは脂性なのではなく乾燥肌からくるテカりでした。なので思春期ニキビなどによくある「脂性のニキビ」用の洗顔では、更なる乾燥状態になってしまうんです。

大人ニキビ(ニキビというか吹き出物…)は、このようなスッキリ系のニキビ用洗顔はお勧めしません。

そしてまだ炎症している赤ニキビが多かった初期は「優しさ」と「でもしっかり汚れを落とす」というところを重点に考え、こちらを使っていました。

もずの魔法石鹸 80g

こちらはアトピー肌・乾燥肌・敏感肌用に作られた「もずの魔法シリーズ」の石けんです。

驚きなのが、全て天然成分から作られています。
なので安心してお子様にもお使い頂けます。

天然成分だけどしっかり洗浄力がある点も人気の秘密です。

 

炎症ニキビが減っていってからは、こちらの石けんを使っておりました。

いつかの石けん 100g

こちらの石けんは、蛋白質(古い角質)分解酵素のプロテアーゼという成分が配合されています。
“分解”してくれるので、擦って洗う必要がないのです。

泡立ててその泡を顔の上に乗せ、30秒ほど放置。

これで二度洗いをすることもなくスッキリ洗いあがります。
顔への摩擦って、思っているよりも負担となるんです。
特に炎症をしているお肌だったり、敏感肌への摩擦は大きなダメージとなります。

いつかの石けんは、古い角質をしっかり分解してくれるので、ブツブツ鼻の毛穴でお悩みの方にもオススメです!

YouTube動画▶いつかの石けん

 

一番使ってはいけない洗顔とは…

これは迷うことなく、スクラブ入りの洗顔です。

粒粒が入っている洗顔料です。
これは本当に、やめてください(笑)

とってもお肌に負担となります。
ニキビ用の洗顔にもスクラブ入りのものをたまに見ますが、恐ろしくて使えません。

ニキビ肌だから、ではなく、何も悩みがないお肌だったとしても、スクラブ入りの洗顔は使わないことをお勧めします。

 

では、次は

化粧水

化粧水の一番の目的は、お肌へ水分補給をする事です。
メイクをしたり、日中過ごしてお肌は乾燥しています。

乾燥が老化への一番の近道だと思っています。(笑)

逆に乾燥しないことが、お肌を若々しく保つ秘訣だと思っています。
なので、高岡は化粧水ってとても重要だと考えています。

高岡が以前使っていた化粧水

・イソフラ〇ボン系の化粧水
・極〇潤
など。

一時期プロアクテ〇ィブの化粧水も使っていましたね。

前回の記事で述べたように、ここでは「防腐剤」が問題となってきます。
さらには先ほど述べた「水分補給」がしっかりできるのかどうか。

答えは、ううん・・・といった感じですね。
難しいでしょう。

そしてこれらの化粧水をやめて高岡が使い始めたのが、

電子トリートメントM3.6

水分導入化粧水、と言われます。

こちらは一見、ただのお水です。
臭いもなし。味もなし。色もなし。です。

全成分が記載されていますが「水・海水・植物灰エキス」です。
全成分です。すべての、成分です。
これ以外は入っていないという事です。

そう、

防腐剤不使用

あったんです。
化粧水で防腐剤を一切使用していないものが。

でも、前回言いましたよね。
品質を維持するには防腐剤が必須だと。

そうなんです。

なので電子トリートメントは美容室専売品です。
美容室にてしっかり品質管理が行われています。

さらに、

電子トリートメントM3.6は”強アルカリ性”です。
強アルカリ!と聞くと刺激が強そうですが、天然成分由来なので安心安全です。

強アルカリ性であるために雑菌が繁殖しづらい環境となっています。
その上に美容室だけに限定し卸しているため、品質を保ったままお客様の手元まで届きます。

まぁあとは、お水が超純水であるとか、色々凄いところはあるんですが、
あまり長々と書くと、長々となってしまいますので(そのままやないか)画像だけ載せておきます。

 

そして高岡はもう一つ化粧水を使っています。
当時は、電子トリートメントP3.4というM3.6とは逆の強酸性化粧水を使用していました。
本来この電子トリートメントは「顔にも使える髪トリートメント」なんです。
そして数年前から「顔用のP3.4」が出来ました。

それが、

エーストリング化粧水

こちらは強酸性の化粧水です。

強酸性で毛穴を引き締めることによって、原因菌の侵入を防ぎ、新たな炎症防止も期待できます。
酸化銀の抗菌作用で肌表面のコンディションを整え、皮脂トラブルの起こりにくい肌へ導いてくれます。

YouTube動画▶エーストリング化粧水

こちらは、化粧水ですが、一切浸透しない化粧水です。
何故なら、この化粧水の目的は「毛穴の引き締めと、抗菌」だからです。
ので、化粧水ですが美容液をお使いの方は、美容液の後にエーストリングを使います。

有用成分を浸透させてから蓋をするイメージです。

 

では次に

美容液

美容液についてです。

高岡は以前より美容液をあまり使っていませんでした。
何のために使うの?という感じであまり分かっていませんでした。

ただ美容パックは使っておりましたのでそちらを例に挙げたいと思います。

高岡が以前使っていた美容パック

こういうたくさん入ってて、なんかよさそうなもの。(笑)

プラセンタ、コラーゲン、海のミネラル、とか書いてあると気になっていました。

ですがこれも長期保存が出来るように、防腐剤が沢山使われております。
残念ながら、防腐剤たっぷりの液体を顔に塗りたくっていたわけです。

なのでこれらのパックはゴミ箱へと消えました。

そして使い始めたのが、こちら

ピュアビタミンC美容液C-7

こちらです。

ただ、これは肌荒れ改善企画がスタートした序盤は使用していませんでした。
ビタミンCって、ちょっと沁みるんですよね。
それがいけないのか良いのか分かりませんが、沁みたので最初のうちは止めていました。

だんだん炎症しているボツボツニキビが無くなって来てから、気になったのが「ニキビ跡」でした。
茶色く色素沈着した跡がなかなか消えず、悩んでいたところ、オーナーから言われたのが

「C-7使ったら一発やぞ」

という言葉でした。

「ほんとだな?消えんかったら商品代金全額請求すっぞ?」と心の中で呟きながら、C-7を毎晩バシャバシャ使うようになりました。

 

すると、オーナーが言っていたことは本当でした。
みるみる消えていきました。
ニキビが出現しなくなった理由は、合わないものをやめたからなのと、洗顔・化粧水たちのおかげだと思いますが、跡が消えたのは確実にC-7のおかげだと思っております。

ここから、高岡のC-7溺愛が始まりました。

ビタミンCはお肌のターンオーバーを助けます。
良く聞くのは、シミへの効果ですね。

なのでこちらもご覧ください。

ニキビ跡だけでなく、シミへの効果を実感された方も沢山いらっしゃいます✨

YouTube動画▶ピュアビタミンC美容液C-7

 

次にご紹介するのは、大人になるにつれて本当に必要なコレです。

保湿

先ほどからお伝えしているように、乾燥はお肌老化の一番の原因です。
乾燥すると「しわ・くすみ・毛穴の開き・たるみ」など、
お肌悩みの大半を占める原因を作り出してしまいます。

高岡が以前使っていた保湿剤

これもイソフラボン系を使っていましたね。
あと一時期はユースキンも。

ユースキン、とっても優しそうなのに、
実は前回ご紹介した防腐剤の一種である「パラベン」が使われております…

 

私の中で、パラベンが入っているものは使わないようにしています。
フェノキシエタノールは、セーフです。

これは高岡の実験した感覚ですがね。
防腐剤の刺激的にも、フェノキシエタノールよりパラベンの方が強いです。

そこで高岡が最初に使った保湿剤が、

もずの魔法ローション

先ほど洗顔でご紹介した「もずの魔法シリーズ」の保湿ローションです。
このシリーズは一貫して【すべて天然由来成分で作っています】!

なので敏感肌の方でも安心して使えるんです。
しゅごいやつなんです。

そして、もずくから1%しか抽出できないフコイダンエキスを配合。
海藻のヌルヌル成分にあたるものです。
保水力に優れているため、お肌をしっかり乾燥から守ります。

YouTube動画▶もずの魔法シリーズ

余談ですが、夏はどうしても「汗疹」に悩まされていましたが、全身にこのもずの魔法ローションを使うようになってから一度も汗疹できていません。

汗疹に対して保湿がいい、というイメージが付きにくいのですが、実際はしっかり保湿してあげる事で改善できました☺

 

さぁ、最後になりました。
肌荒れで悩んでいる方は、こう思ったことがあるのではないでしょうか?

今ある肌を剥がして、つるつるお肌を出現させたい。と。

高岡もそう思っておりました、
なので使っていたのが…

ピーリングジェル

人間の肌は通常28日周期で入れ替わっています。
何層にもなっているお肌がどんどん新しい肌へ。

ですが乾燥や加齢などによってそのターンオーバー周期が崩れてしまいます。
古いお肌が残ったままになるので、「くすみ」などが起こってしまったりします。

そこでピーリングを使う事で、古くなったお肌を除去し、新しいお肌を出現させるわけなんです。

ただここで重要なのが、古いお肌をどう剥がすのか、です。

高岡が以前使っていたピーリング

キュレルのピーリングジェルです。

知り合いのニューハーフの方が激推ししておりまして、使い始めました。

ピーリングジェルには何種類かありまして、酸で古いお肌を溶かすものや無理矢理剥がしてしまうものも。
強い酸であれば、お肌を傷めてしまいますし、無理矢理剥がすときに新しい肌まで傷つけてしまうことがあります。

実際、キュレルのピーリングを使っていた頃、ヒリヒリしていました。
でもそれが逆に良いのかも?!なんて思っていました。怖いですねぇ。

そんな肌激ヨワな高岡が使ったのが、

ピーダ

こちらです。

これはマイルドピーリングジェルというお肌に優しいピーリングジェルです。
またまたこれも防腐剤不使用でございます。

空気に触れない特殊な容器と、抗菌作用のある中身の為、雑菌繁殖を防いでいます。
なんと、一度出したものを容器に戻すなどしなければ2年も持つそうです!

ピーダは古いお肌のみを除去するので、お肌への負担が格段に少ないです。
現にヒリヒリしたことも、ピりついたこともありません。

本当に古い肌しか除去しないの?と思った方、是非翌日同じ個所で試してみてください。

YouTube動画▶ピーダ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

物凄く長くなってしまいましたが、
これが、高岡が肌荒れ改善のために使ったものです。

沢山の商品を紹介しましたが、高岡が伝えたいのは、

 

何を使うかよりも、何を使わないか。

一貫してこれでございます。
もちろん、使っていい効果をもたらしてくれる商品だから使い続けていますが、
何を使わないか、という基本の上に成り立つと考えています。

もし、今肌荒れで悩まれている方がいらっしゃいましたら、是非ご相談ください。
当店には、実際に改善した高岡を始め、美容のプロであり日々勉強している美容師もおります。

 

髪のことだけでなく、お肌のことも含め、美容面をサポートできるよう努めております。

 

最後に

お肌と切っても切れない関係性が、食です。
これについてもまた記事を書きたいと思いますので、気になる方はこうご期待でございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

アーティクルサロン店頭(〒483-8271 愛知県江南市古知野町桃源12)または、
電話注文:0587-53-6233
メール注文:info@kaiinsenyou.com
LINE注文:LINE ID→@095piaxz
オンラインショップ:https://kaiinsenyou.com/
お支払方法:代金引換(現金・クレジットカード・電子マネー)、paypal(銀行口座、ネット上クレジットカード決済)

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です